味とは

先日、味があまりにも平凡すぎる、ココアのマドレーヌを作った。平凡すぎるというのは、甘すぎずしょっぱくもない、苦味もなければ酸味もない、味がないわけではないが、食べた感想は無に等しい、そんな具合のマドレーヌだ。特別うまくもないし、究極にまずくもない。これはひょっとすると、食べ物にとっては致命的な問題なのかもしれない。味に特徴がない食べ物なんて、食べる価値がないも同然ではないか。つまらないからだ。つまらない食事は嫌だ。フェイシャル 料金 レイビス